秋の風物詩紹介


by gz8xnmidyox

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 横浜地裁で25日に判決が言い渡された強盗致傷事件の裁判員裁判で、裁判員経験者が判決後の記者会見で過去の量刑分布を記録した判例検索システムについて、「量刑が甘い」「判例にとらわれている」などと、違和感を表明する場面があった。
 裁判員を務めた川崎市の男性会社員(50)は「(システムを検索して)量刑判断する際、思っていたよりも刑罰が甘いと感じた」と話し、同市の別の男性会社員(37)も「過去の判例にとらわれているきらいがある」とし、裁判員の声を反映させて判例の枠を超えるべきだと述べた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
【特集】取り調べ可視化の行方
強盗強姦未遂容疑で男逮捕=ほかにも5件関与か
父殺害の男に懲役7年=「障害が影響」裁判員判決
「金に困ってた」と長女=金目当てか、事件後に支払い

花火大会 初夏を告げる6000発 大分・日田(毎日新聞)
両陛下が全国植樹祭にご出席(産経新聞)
「手には血…体の中に何かが入った」 刺された瞬間を証言 秋葉原殺傷事件(産経新聞)
<山陽新幹線>作業員がCO中毒 「六甲トンネル」内で(毎日新聞)
公然わいせつ・礼拝所不敬罪、篠山さん略式起訴(読売新聞)
[PR]
by gz8xnmidyox | 2010-05-27 19:54
 全国のインフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数が、4月26日-5月2日の週は0.17で、前週より0.03ポイント減ったことが5月11日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。減少は3週ぶり。

【都道府県別の表の入った記事】

 定点当たり報告数を都道府県別に見ると、最多の佐賀(1.64)だけが「1.0」を上回り、次いで山口(0.97)、山梨(0.45)、新潟(0.38)、広島(同)などの順だった=表=。
 警報レベルを超えた保健所地域はなく、注意報レベルのみを超えた保健所地域は佐賀県の1か所だった。


【関連記事】
インフル定点報告数は微増
新型の傾向に変化なし―厚労省が疫学情報を更新
上田健康局長が検疫の意思決定過程説明
新型インフル対策の検疫、休校で議論―厚労省総括会議
インフル、B型など季節性の割合が増加

あおぞら銀元行員、インサイダー取引の不正利益1000万円超に(産経新聞)
地球温暖化対策基本法、衆院委員会で強行採決(産経新聞)
<関西記者クラブ賞>囲碁は井山名人に 将棋は久保王将(毎日新聞)
<小1虐待>母を書類送検 暴行手助けした疑い 三重・鈴鹿(毎日新聞)
“禁酒法”現代版?WHO、規制強化声明採択へ(読売新聞)
[PR]
by gz8xnmidyox | 2010-05-19 00:05
 上賀茂神社の摂社、大田神社(京都市北区)で古くから自生し、国の天然記念物に指定されているカキツバタが見ごろを迎え、紫色の鮮やかな花が参拝者らを楽しませている。

 大田神社のカキツバタは参道東側の「大田の沢」に約2万5千株が群生。人の手は加わっておらず、野生の大ぶりな花と上品な紫が特徴という。平安時代後期の歌人、藤原俊成の歌にも詠まれるなど、古くから人々の心を癒(い)やし、魅了し続けている。

 上賀茂神社の高井俊光権禰宜(ごんねぎ)(45)は「今月20日過ぎまで楽しめそう。今日のような雨模様の日も、より趣があっていいですね」と話している。

【関連記事】
新緑のモミジ 常寂光寺 美しさ、紅葉だけにあらず
亀戸天神のフジが見ごろ
鮮やか!花の競演 広島・世羅高原のチューリップが見ごろ
春告げるチューリップ 富山県砺波市
佐藤唯&ウド鈴木、ナマり全開で山形PR
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

介護保険の「制度外サービス」、65%が制度の補完に利用(医療介護CBニュース)
末期がん患者への介護サービス迅速化を―厚労省(医療介護CBニュース)
<JR関西線>「撮り鉄」侵入、列車7本に影響 奈良・斑鳩(毎日新聞)
当直JR社員「二度寝」、駅の出入り口開かず(読売新聞)
徳之島移転「距離的に無理」米高官が自民議員に(読売新聞)
[PR]
by gz8xnmidyox | 2010-05-11 19:16