秋の風物詩紹介


by gz8xnmidyox

インフル定点が微減(医療介護CBニュース)

 全国のインフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数が、4月26日-5月2日の週は0.17で、前週より0.03ポイント減ったことが5月11日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。減少は3週ぶり。

【都道府県別の表の入った記事】

 定点当たり報告数を都道府県別に見ると、最多の佐賀(1.64)だけが「1.0」を上回り、次いで山口(0.97)、山梨(0.45)、新潟(0.38)、広島(同)などの順だった=表=。
 警報レベルを超えた保健所地域はなく、注意報レベルのみを超えた保健所地域は佐賀県の1か所だった。


【関連記事】
インフル定点報告数は微増
新型の傾向に変化なし―厚労省が疫学情報を更新
上田健康局長が検疫の意思決定過程説明
新型インフル対策の検疫、休校で議論―厚労省総括会議
インフル、B型など季節性の割合が増加

あおぞら銀元行員、インサイダー取引の不正利益1000万円超に(産経新聞)
地球温暖化対策基本法、衆院委員会で強行採決(産経新聞)
<関西記者クラブ賞>囲碁は井山名人に 将棋は久保王将(毎日新聞)
<小1虐待>母を書類送検 暴行手助けした疑い 三重・鈴鹿(毎日新聞)
“禁酒法”現代版?WHO、規制強化声明採択へ(読売新聞)
[PR]
by gz8xnmidyox | 2010-05-19 00:05