秋の風物詩紹介


by gz8xnmidyox

「参加してよかった」高齢者対象の交通安全教室開催 警視庁大塚署(産経新聞)

 6日から始まる春の全国交通安全運動を前に、大塚署は2日、事故にあいやすい高齢者を対象とした交通安全教室を文京区の「文京区福祉センター」で開いた。

 冒頭、同署の井関寛署長は、参加した高齢者約100人を前に、「学んだ講習の内容は、周りの友達にも紹介してください」とあいさつ。

 その後、参加者は実際に自転車に乗り、S字走行でバランス感覚を確認したり、会場に設けられた疑似交差点で正しい安全確認の方法を学んだりした。

 参加者の文京区大塚、無職、石沢申吉さん(77)は「普段から自転車に乗っているので慣れっこになっている部分がある。確認する意味で教室に参加してよかった」と話した。

【関連記事】
認知症の運転中止 家族向けマニュアル作成
なぜ減らぬ高齢者死亡事故 「使い慣れた道」に油断、体力の衰え自覚せず
高齢者事故防止「脳トレ」 交通死5年連続最多…愛知県警が開発
運転免許返納で全路線バス半額 岡山県、65歳以上を対象
冬の温泉事故を防ごう 60代以上は要注意 大半は心筋梗塞や脳梗塞

普天間移設 5月末決着目指す 外相、米国防長官に伝達(毎日新聞)
東京メトロ・丸ノ内線運転見合わせ…ホームドア点検(読売新聞)
<普天間移設>うるま市民団体「反対」申し入れ(毎日新聞)
<訃報>小山千鶴子さん98歳=小山勇中日新聞社顧問の母(毎日新聞)
<足利事件>菅家さんの公民権が回復 選挙権も復活へ(毎日新聞)
[PR]
by gz8xnmidyox | 2010-04-07 23:54